美味しいフルーツを食べつくそう「沖縄フルーツ天国」|沖縄リゾートヴィラ The Premium time OKINAWA chillma

Instagram Facebook LANGUAGE : English
美味しいフルーツを食べつくそう「沖縄フルーツ天国」

ATTRACTIONS

南国の沖縄には、そこでしか食べられないトロピカルフルーツがふんだんにあります。生のままはもちろん、美味しいスイーツの材料にもなる沖縄のフルーツ。ここでは沖縄産の代表的な果物をピックアップしてご紹介します。
プライベートビーチ付き滞在型リゾートヴィラ、Okinawa chillmaにご宿泊の際も、ぜひ味わってみて頂きたいものばかりです。

たんかん

ポンカンとオレンジが自然交配して出来たかんきつ類です。自然の中で育つために傷つきやすく見栄えはまりよくありませんが、果肉はジューシーでとっても甘いものとなっています。地元沖縄では冬の時期によく食べられる定番フルーツです。

時期
1月?2月

マンゴー

マンゴー 沖縄フルーツの王様といえばマンゴーです。
香りの良さと酸味甘みのバランスがよいとろりとしたジューシーな果肉が人気です。

マンゴー
時期
6月中旬?8月中旬

パッションフルーツ

爽やかな酸味と甘みで香りのよい果肉は、カリウムやカロチン、ビタミンB2、 葉酸などの栄養素を豊富に含んでいます。
十分に熟すと酸味が抜けて甘味が増し、果肉をそのままスプーンですくって食べる他、ジュースやジャム、 ゼリーなども作られます。

時期
4月頃?9月頃

パパイヤ

パパイヤ 赤い果肉はとろけるように柔らかくて甘く、南国のフルーツらしい独特の香りが特徴です。カットして種を取り除き、スプーンで果肉をすくうのが最も一般的な食べ方ですが、その際にレモンやライムをかけると独特な香りが消えて食べやすくなります。アイスクリームや他のフルーツをのせる「パパイヤボート」と呼ばれる食べ方もおすすめです。

パパイヤ
時期
5月?9月

パイナップル

パイナップル 縄県で作られているパイナップルには、ジューシーで酸味と甘みのバランスがよいメジャー品種「スムース・カイエン」、糖度が高く手でちぎり取って食べることが出来る「スナックパイン」、桃のような優しい香りと酸味が少なく甘みが強い白い果肉の「ピーチパイン」など、様々な種類があります。

パイナップル
時期
●スムース・カイエン 6月?9月頃
●スナックパイン4月?7月頃
●ピーチパイン5月?7月頃

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ サボテン科で別名ピタヤとも呼ばれます。名前の由来は果実の表面が龍の鱗のようであるからとも、その木の様子が龍のようであるからとも言われます。果肉は赤いもの、白いもの、ピンク色のものなど様々でサクッとした食感とあっさりとした甘みがあります。ビタミン、繊維、ブドウ糖やミネラルなどを多く含み、ゴマ状の種が腸を刺激し便秘改善に役立つ“美容フルーツ”としても注目を集めています。

ドラゴンフルーツ
時期
7月?11月

アテモヤ

アテモヤ ゴツゴツとした緑色の外皮とは対照的に中の果肉はクリーム色。滑らかな舌触りで糖度は20%以上ととても高く、別名「森のアイスクリーム」とも呼ばれます。そのまま食べても美味しいですが、冷凍させるとシャーベットのような食感を楽しめ、ヨーグルトなどの乳製品との相性もばつぐんです。

アテモヤ
時期
11月?3月まで

シークヮーサー

シークヮーサー 切り口が星のような形になることからこのように名付けられました。爽やかな甘みとジューシーな食感が特徴です。そのまま食べる他、サラダに入れたり、ジャムやゼリーにも加工されたりします。

シークヮーサー
時期
●酢の物用の青いもの/8月?9月
●原液ジュース用の青いもの/10月?12月中旬
●生食用の黄色く完熟したもの/12月下旬?2月末

スターフルーツ

切り口が星のような形になることからこのように名付けられました。爽やかな甘みとジューシーな食感が特徴です。そのまま食べる他、サラダに入れたり、ジャムやゼリーにも加工されたりします。

時期
9月?11月、1月?3月

今帰仁すいか

日本一早い出荷時期と味の良さで知られるすいかで、冬の贈答品としても有名です。優しい甘みとシャリシャリとした食感が特徴で、沖縄産スイカの代名詞となっています。

時期
12月初旬?9月初旬

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Page Top